うえさんの戯言

 

このページは私が思っていることや印象に残ったことなどを
好き勝手に書き込んでいる日記もどきのページです。


7月22日

 和歌山プラモデル合同展示会2017
 無事終了しました!(≧∇≦)
 ご来場戴いた方々、誠にありがとうございました!(≧∇≦)
 またポスターの掲示やポストカード配付など、広報にご協力戴いた方にも深く御礼申し上げます。(^_^)
 今年もたくさんの方にご来場戴き、メンバー一同感謝感激しております。
 来年も同じ時期に開催予定です。(^_^)
 
 *****

 プラモデル/モデラーな日々を更新。
 今月16日と17日に行われた「和歌山プラモデル合同展示会」の様子をアップしてます。
 今回も前後編に分けてます。
 写真もレポートも稚拙なんですが、特設サイトのダイジェストよりは会場の雰囲気も伝わるかと思います。(^_^;)

 *****

 さて。
 展示会も無事終了し、少しだけ気持ちにも余裕が戻ってきた・・・ような気になりたい今日この頃。(^_^;)

 更新を2ヶ月もすっとばしたのは、HPを開設以来初めてなのだが、まあ、展示会に向けて追い込みをかけていたのと、仕事が忙しいのとで、まったく回ってなかったのだ。
 昔の私なら、適当に有給を取ってでも趣味を優先したものだが、いかんせん、そういう立場ではなくなったしまったところが悲しい。。。(T_T)
 それでも有給は取ってるのだが、子供の行事かリアルに体調が悪いときに取らなきゃならんので、自分のために取るってコトは皆無になってしまった。
 まあ、家族のために有給が取れるだけマシなんだろうけどね。(^_^;)

 それはそれとして。
 気がつけば、学生たちは夏休みに入るほど、本格的な夏が到来。
 前述した通り、忙しい毎日を過ごしているが、体力が落ちてくるお年頃ゆえ、夏の暑さが体に堪える。
 夏になると無意味にテンションが上がって、とりあえず日光を浴びるか水のある所へ行ってた頃が懐かしい。
 あの頃のテンションと体力が今あれば、もっと楽しかっただろうに・・・と思うあたり、身も心もオッサン化してしまったと言うコトなのだろう。(T_T)

 で、話は少し前に遡る。
 時は7月7日。
 天空では、織り姫と彦星が年に1回だけ会うのを許される日。
 下界では、他力本願全開で、その2人に願い事を叶えてもらうため、笹につけた短冊に願いを込める日。
 THE 七夕!(≧∇≦)
 
 織り姫と彦星にとっては年に1回、ようやく会えるって日に、なんで他人の願いなんて聞かなきゃいけないのかってハナシだと思うんだが、どういうワケか下界の人々は願いが叶う前提で話を進めてる。(^_^;)

 若い頃は「オレの織り姫を探しに行くぜ!!」とか言ってたものだが、保育園児の父ともなるとそういうワケにもいかず、息子と一緒に短冊に願い事を書いていたりする。

 で、その息子の願いは「エグゼイドになりたい」。
 エグゼイドってのは、今やってる仮面ライダーのコトである。
 まあ、保育園年中さんの男の子にはスタンダードな願い事であろう。(^_^)

 私も願い事を書くコトになっていたので、何を書こうか悩んでいた。
 一家の大黒柱としては「家族が幸せであるように」とかなのだろうが、それではあまりに面白くない。
 かと言って、別段、仮面ライダーになりたい訳でない。
 切実な願いとしては「金をくれ!」になるんだろうが、あまりにも夢がない。
 「髪を増やしてくれ!」でも良いのだが、神龍同様「私の力を越える願いは無理だ・・・。」とか言われそうやし。。。(^_^)
 そんなこんなで願い事をどうするか考えていると、息子がポロッと言った。

 「仕事が楽になりますように・・・で、いいやん。」

 !!!!!!(°Д°;

 いや、なんつーか、息子に仕事がしんどいなんて言ったコトなかったつもりだったのだが、なにげに見透かされているようだ。(^_^;)
 それにしても、5歳児にこれだけシュールな願いを書けばと勧められるとは・・・。
 5歳児、恐るべし。。。

 結局、無難なところで「家族が〜」ってのを書いたのだが、その短冊を笹に付けてる時に、さらに追い討ちをかけるように息子が言い放った。

 「ホンマにそれでええん?」

 !!!!!!(°Д°;

 息子よ。
 父として、家長として、家族の幸せを願う気持ちにウソはないぞ。
 でもね。
 あまりに返しがシュールすぎて、一瞬、気持ちがグラついたっちゅうねん。(^_^;)

 来年は私も短冊には「仮面ライダーになりたい」と書くのが一番良いようだ。
 それか「25m泳げますように」にするか・・・だな。(^_^;)


過去の戯言を読む

 二000年 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00一年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00二年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00三年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00四年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00五年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00六年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00七年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二00八年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 
二00九年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一〇年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一一年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一二年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一三年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一四年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月 十二月

 二0一五年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月 十月 十一月

 二0十六年 一月 二月 三月 四月 五月 六月 七月 八月 九月

 二0十七年 一月 二月 三月 四月

Home