バイオリンの材料


 

バイオリンに使われている木材を紹介します。 楽器用の木材は、DIYショップでは扱われていないのがふつうです。 アマチュアがバイオリン用の材料を入手するには、 製作教室で購入する、 楽器製作をしているプロから分けてもらう、 専門の業者から購入する、 個人的に輸入する、 などの方法があります。 少し手間がかかりますが、 いくつかの方法でアプローチすれば手に入れることができるでしょう。

表板

  表板はスプルースという針葉樹を使います。スプルースは、日本でいえば樅とか松とかに似た種類の樹木です。 写真のように柾目の通ったものが良質の材料で、何年も乾燥したものを用います。 スプルースはバイオリンだけでなく、ギターの表板やピアノの響板にも用いられています。 


 
裏板とネック

 裏板とネックはメイプルを使います。写真はネック材で、拡大写真は裏板材です。楽器用として良質のメイプルには縞模様があり、光線の反射によりこの縞模様が絶妙に変化してとても美しいです。 メイプルもギターやマンドリンの裏板などにも用いられています。


 
横板

 横板は裏板と調和する模様のあるメイプルを用います。薄板に加工された状態で入手し、厚みを調整して用います。


 
指板

 指板は黒檀を使います。写真の上はほぼ半完成状態のもので下は素材の状態のものです。 半完成状態で入手した方が楽ですが、値段は少し高くつきます。


 
パフリングとライニング

 パフリングは、表板と裏板の周りに埋めこむ装飾で、白い木を黒い木でサンドイッチにした状態になっています。 写真のものは黒の部分が木ではなく黒い厚紙でできています。 ライニングは横板を内側から補強し、同時に表板と裏板を接着するのりしろを形成します。 軽く曲げ加工しやすい木材を使います。


 
にかわ

 にかわは、接着用の膠を使います。 キャラメル2個分ぐらいに少量の水を加えて湯煎(お湯の入ったなべの中に膠と水の入ったカップを入れる)して使います。湯煎して余った分は冷凍しておけば、半年ぐらいは何度でも解凍して使えます。

目次に戻る



このページへのリンクはフリーです。 文章および画像の著作権は私に帰属します。無断転載はお断りします
イラストやアイコンの著作権はそれぞれの素材メーカに帰属します