横板の加工

 
  横板(側板)は内型を使って形成していきます。外型を使う方法もあります。最初にブロックをつけてベンディングアイロンで曲げた横板を張りつけていきます。裏板側のライニングを付けて裏板を張りつけてから、型からぬき、表板側のライニングを付け、最後に表板をとりつけます。型から出す前に表と裏のライニングを取りつけると、型から出せなくなります。念のため。

ブロックを付ける 

 内型にブロックをにかわで付けます。ブロック材はスプルースを用います。張り付けるときは、木目の方向に注意することと、最後に内型からはずすことを考えて、あまり濃いにかわで付けないようにします。


 
 ブロックに横板を付ける

ブロックを整形して、ベンディングアイロンで曲げた横板を付けていきます。最初は胴のCの字の部分(センターバウツといいます)を付けます。


 
裏板側のライニングを付ける

 内型の裏板側はネジ止めした薄板がはずれるようにしておきます。横板が付いたら、薄板を外し、ライニングを付けます。ラインイングをつけて、もう一度薄板をネジ止めして、横板、ライニング、内型の面が完全に揃うようカンナをかけます。


 
裏板の張りつけ

 横板が内型についたままの状態で、薄板だけをはずし、裏板をにかわで付けます。専用のクランプで締めつけ、完全に接着します。


 
内型をはずす

 裏板が接着できたら、内方をはずします。ブロックをにかわで付けた部分をペインティングナイフをこじ入れて剥がしますが、せっかく作った部分を壊さないように、じっくり作業します。


 
内型をはずしたところ

 ブロックの表板側が未整形の状態です。まだライニングも付いていません。


 
表板側のライニングを付ける

 表板側のライニングを取りつけます。小さなクランプがあると便利ですが、クランプはきつく締まるので、横板を傷つけないように注意します。


 
ライニングクリップを使う

 木製の洗濯ばさみを加工して作ったライニングクリップです。適度な力加減でライニングをはさむことができます。

目次に戻る


このページへのリンクはフリーです。 文章および画像の著作権は私に帰属します。無断転載はお断りします
イラストやアイコンの著作権はそれぞれの素材メーカに帰属します