表板と裏板の加工

 
 裏板や表板は通常2枚の板をはぎ合わせして使います。裏板は良い材料が手に入れば、一枚板で作成します。はぎ合わせをした時の写真を撮ってなかったので、ここではお見せできません。

 これは裏板です。まず外側の凸を完成して、それから内側を凹にえぐります。厚みは参考書を参考にして、カリパーで厚みを測りながら加工していきます。最終の厚みより薄くしてしまわないように気をつけます。


 
 これは表板です。表板も裏板と同様,まず外側の凸を完成して、それから内側を凹にえぐります。厚みは参考書を参考にして、カリパーで厚みを測りながら加工していきます。最終の厚みより薄くしてしまわないように気をつけますが,表板のスプルースは柔らかいので,あっというまに薄く削りすぎてしまうので注意深く作業します。

 厚み加工が終わったら,写真のようにパーフリング(象眼)を入れます。パーフリングカッター,ピッカーを使って作業をします。(※)手順としては横板とあわせて組み上げてからパーフリングを入れる方がより美しく仕上がります。 


 
 表板のおよその厚みができた時点で、f穴を切り取ります。最終の厚みにまでしてしまってから糸のこで切ろうとすると板がたわんで作業しにくいので、1mmぐらい厚い状態で切り取ります。f穴の形を表板に写し取り、上下の丸い部分に3mmぐらいのドリルで穴をあけます。糸のこにはできるだけ細い歯を使い、慎重に切っていきます。あとでナイフで整形しますが糸のこで切る段階でできるだけ最終の線に添わせておくと、仕上げ作業が楽になります。


 
 左右のf穴を切った表板を、裏返した状態です。魂柱が当たる位置など鉛筆で製図しながら削っているようすがわかります。


 
 表板や裏板を削る時には、写真のような削り台の上に材料を載せて作業します。この削り台をクランプで作業机に固定することで、材料が固定されて加工作業が大変楽になります。

削り台の作り方や材料の固定の方法はいろいろあります。内型を作った板の残りを利用すれば、作業と材料費の節約になります。


 
 厚みの調整、パーフリング、f穴すべて加工が済んだら、バスバー(力木)を取りつけます。

表板の曲面に添うようにバスバーを丁寧に削ります。バスバー用のクランプで締めつけてみてまったく隙間がなくなるまで修正し、最後に接着します。


 
 接着したバスバーは、まん中から上下の端に向かって次第に薄くなるようにカーブを付けます。

目次に戻る



このページへのリンクはフリーです。 文章および画像の著作権は私に帰属します。無断転載はお断りします
イラストやアイコンの著作権はそれぞれの素材メーカに帰属します