がん免疫療法(活性化リンパ球療法)

 外科手術、放射線療法、化学療法(抗がん剤)は、がんの三大治療法といわれています。獣医学の研究開発により三大治療法も大きく進歩していますが、動物の場合は毎回の治療そのものに全身麻酔が必要であったり副作用による苦痛を伴うことは少なくありません。そこで今注目されているのが『がん免疫細胞療法』です。

がんの三大療法と第四の治療法、細胞免疫療法

 動物を含め私たちの体の中では常にがん細胞が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を攻撃する免疫細胞も存在しているため、すぐには癌にはなりません。様々な理由でがん細胞と免疫細胞のバランスが崩れ、がん細胞の増殖が上回った時に「がん」という病気になります。
 そこで、その免疫細胞を人工的に増加し、その働きを強化することでがん細胞を抑え込もうというのが、『がん免疫細胞療法』です。
 具体的には、動物自身の血液から免疫細胞を取り出して数を大量に増やし、攻撃する働きを強化して体に戻します。つまり、「自分で治ろうとする力」を活用するという方法です。
 当院では名古屋大学医学部の岡田邦彦先生(J-ARM)の指導のもとに免疫療法の一つである「活性化リンパ球(CAT)療法」を行っています。
 活性化リンパ球療法は動物自身の細胞を用いるため、副作用はほとんどありません。まれに発熱やアレルギー症状がみられる程度で、生活の質(Quality of Life :QOL)を維持しながら受けることができます。

細胞免疫療法は、動物自身の細胞を用います。

活性化リンパ球療法Q&A

Q がんは治りますか?
A 免疫療法では進行がんや末期がんは完全に治すのは難しいと言われています。一方がんの進行を緩和させたり、再発防止する効果、QOL(生活の質)を改善する効果には大いに期待できます。がんは再発が最もおそろしい事ですので、手術後にがんの再発を防止することは効果的な治療であると考えられます。
Q 副作用はありますか?
A 今のところ、免疫療法での重篤な副作用の報告はありません。
自分の体内から取り出したT細胞の数を増やして戻す治療ですので、免疫刺激のために軽い発熱がみられる事があります。
Q どのようながんに効果がみられますか?
A 基本的には様々な固形がんに対して効果が期待できますが、液性がんであるB細胞性リンパ腫やアトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。
Q 他の治療法との併用はできますか?
A 可能です。外科療法や抗癌剤治療、放射線治療などとの併用は、お互いの治療のタイミングを考慮して行えばむしろ高い効果が期待できる可能性もあります。
Q いつから始めるのですか?
A いつからでも始められますが、容態が悪くなる前に行う方がより高い効果が得られます。その理由はTリンパ球の数が少なければ増殖するリンパ球も少なくなるからです。
Q 投与回数などは?
A 投与の間隔や回数などは病状をみて飼い主さんと相談して決めていきます。標準的な治療では約2週間に一度の投与を6回、その後は月に一度の投与を4〜6回行います。その後は検診において終了、中断、継続を検討します。
Q いつまで続けるのですか?
A 今のところ何回やってやめてもいいと言うはっきりとしたデーターはありません。ただ免疫が弱っているからガンになったのではないかという事を考慮すると、続けて行くことが高い効果を生み出すと考えられます。免疫療法であるCAT療法は手術後の補助療法としても非常に有効であると考えます。
Q 費用はいくらかかりますか?
A 一回当たりの治療費は約7万円となります(税別)。これらの金額は採血・培養・注入費用を含みます。
Q 21(ツーワン)動物病院では他のがん治療もできますか?
A 当院では免疫療法以外にも分子標的療法や抗癌剤療法なども積極的に行っています。また高度獣医療センターなどのネットワークを通じて難易度の高い外科手術を受けて頂く事も可能です。
Q そちらに行けばすぐに治療可能ですか?
A 免疫療法は完全予約制になりますので、ご希望の方は当院までお問い合わせ下さい。