MORIWAKI HONDA NSR 500 (1986)

1986年、八代俊二のライディングで全日本選手権ランキング2位。
数戦スポット参加したWGPでランキング12位。

突っ込みハッチの異名を持つほど突っ込みの鋭い八代のライディング。

 1984年、全日本選手権TT-F1クラスの初代チャンピオンに輝いた八代俊二が1986年より500ccクラスにステップアップ。
 シーズン当初、'85年型NS500で参戦予定がシーズン前のテストでNSを乗りこなしたと急遽'85年型NSR500をHRCから貸与される。
 その'85年型NSRですら乗りこなしてしまった八代俊二はついに最新型の'86 NSR500を手に入れ、全日本選手権第6戦、菅生ラウンドで500ccクラス初優勝を果たす。

 そのまま、全日本選手権を通り越し、WGP第4戦オーストリアGPにスポット参戦。
 予選9位、決勝7位と健闘する。
 全日本でダンロップタイヤを履いていた八代は、GPで初めてのミシュランタイヤで困惑しながらのレースであった。

 この年、全11戦中6戦に参戦し、ランキング12位に。
 翌年、HRC入りし、WGPフル参戦を果たす。

Back

Bikemodel