(3年目にボランティア内の混乱を整理するため皆で検討作成しました。ご参考まで)

赤羽自然観察公園ボランティアの会「会則」

(名称)
第1条 この会は赤羽自然観察公園ボランティアの会(以下、「会」という。)と称する。

(目的及び事業)
第2条 「会」は赤羽自然観察公園(以下、「公園」という。)の里山としての自然を創成し、その維
   持・保全に寄与するため、区の支援と協力のもとに区民の立場からさまざまな活動に参加し、
   よって自然と人間が真にふれあえる公園づくりを図ることを目的とする。
   「会」は次の事業を行う。
 1. 里山としての雑木林の育成(手入れ)
 2. 水田の耕作
 3. 水辺環境の場づくり
 4. 自然環境の調査・記録・保存
 5. 学童、少年の野外実習やスポーツの指導
 6. その他、「会」の目的達成のために必要な事業

(会員)
第3条 会員は「会」の目的を理解し、これに賛同するものとする。なお、会員は原則としていずれ
 かの部会に所属する。
 2.各部会は会員名簿を作成し、事務局は名簿を一括管理する。

(全体会議)
第4条 「会」の最高議決機関とする全体会議を月1回開催する。
 2.会議は会員のほか、区関係職員はオブザーバーとして出席できる。
 3.会議の議長は事務局長が担当し、事務局長は会議の書記を指名できる。
 4.会議の議題は「会」の活動全体に関わる事項及び部会活動の横断的な事項とする。なお、
   各部会の活動報告を行う。
 5.会議の議決は原則として会員相互の話し合いによるが、必要な場合は出席者の多数決によ
   り決定する。

(準備会)
第5条 準備会を月1回開催し、全体会議議案として提案された議案を検討、調整し議事進行案を作
  成する。

(部会)
第6条 「会」は活動分野ごとに部会を設ける。部会は活動目的及び活動内容、部会員、役員、会計、
   会議の方法などの会則を定め運営する。
 2.部会の登録、登録抹消は、全体会議の議決による。

(事務局)
第7条 「会」の円滑な運営を図るため事務局を置く。
 2.「会」の所在地を事務局長宅に置く。
 3.事務局は全体会議に関する運営全般及び渉外事項を担当する。なお、必要に応じて特定の
  プロジェクトを組むことができる。
 4.事務局長のほか事務局員を若干名置く。
 5.事務局長及び事務局員は会員の互選により全体会議で決定する。
 6.事務局長及び事務局員の任期は1年とし、再任を妨げない。

(会費)
第8条 会費は無料とする。ただし、臨時に会費徴収の必要が生じた場合は全体会議の議決を経て徴
  収することができる。

(退会)
第9条 会員が「会」の名誉を著しく毀損し、または「会」の運営を度重ねて妨害した場合は、全体
  会議の議決を経て退会させることができる。

(その他)
第10条  この会則で定めるもののほか、必要な事項については全体会議の議決を経て細則でこれを
  定める。
                                        以 上

   この会則は平成14年3月15日に施行する。

表紙にもどる