赤羽自然観察公園のご案内


現在公園は5.5hrほどですが、公園の隣の団地が整理され2hrほどのビオトープの工事がはじまりました
自衛隊跡地の残りの部分6hrあまりも区の所有になり広大な公園が23区内のこの地にできつつあるのです
夢のようです


      10

 どんぐりの森

 たくさんの市民が植樹し、願を未来に託しました。どんぐりクラブがお世話しています。


1998年2月7日

10月草刈りり前の斜面

 なかよし田んぼ

稲の穂と収穫。

 稲付の里(古民家)と木道橋

 浮間の古民家が移築されました。ふるさと気分が味わえる場所。
現在は子供の遊び場として解放されています。

古民家移築前の風景(2000年3月) 竣工式直前古民家、公務員住居(2005年1月)

 デイキャンプ場と平和の森

 立派な屋根付きの炊事場もあります。三段可変式のかまどは便利。
平和の森は原爆のカキを長崎より頂き3本植えてあります。2001年1月21日に一本が折れました。


この他にも外に机ベンチがあります
使用許可は2ヶ月前から道路公園課で予約受け付け03−3908−1111北区役所
飲酒・喫煙は禁止、ゴミは持ち帰り、犬はだめ。
車はイベント関係者一組に一台のみ許可制。
管理棟で許可書を見せての使用になります。
公園の開園時間は夏時間で8:00〜17:30と冬時間で16:30までになっています。

 多目的広場

 子供の野球なら2面の広さ。利用する時は周囲に高いフェンスを張ります。


蒔いた芝がグリーンになりました


使用するには
団体登録を済ませる
(北区道路公園課に用紙)
利用者連絡会で審査・調整
利用開始までには時間と手続きが必要です

6 観察舎・・・5年先着工予定。野鳥観察、図書閲覧、軽喫茶などが予定されています。

7 水鳥の池
 
カルガモとハクセキレイが住み着いています。カイツブリが浮巣に卵をかえしたのですが、カラスに盗まれたようです亀が島(中の島)、浅場、深場とさまざまなビオトープが工夫されています。先日魚を放している人がいました、移入生物の被害は甚大です、決してやらないように。


水をためる前の画像

8 湧水と循環水の流れをせき止めたひょうたん池
飲めるほどのきれいな水が出ています。流れとたまりを2ヶ所にし、さまざまな生物に棲み良くとビオトープの会が2000年に工事しました。

1998年4月造成直後の湧水 せき止める前の流れ

9 サンクチュアリ・・・今後都市の公園にはどのような自然遷移が起こるのか、大実験場。


切枝を積み上げたビオトープのはじまり

10南斜面下の湧水
 クズだらけの斜面の下にも湧水があります。ビオトープが計画されています。実は都道の計画地のため、まだ大蔵省の管理斜面です。したがって、野放しの荒れ地で、子供の楽園となっています。トンボのヤゴの宝庫です。


元のページに戻る